台湾・中央流行疫情指揮センターは、新型コロナウィルスの防疫レベル第2級の期間を2021年9月20日まで延長する旨を発表いたしました。
9月07日以降は、台湾高鉄(台湾高速鉄道)と台鉄(台湾鉄道)は、指定席で全席を販売、立ち席の販売を引き続き停止いたします。
なお、観光バスの座席数の上限や観光地の国家風景区などにおける受け入れ人数の上限を緩和する一方で、外出時の常時マスク着用や、実聯制登録は引き続き義務付けます。
その他、集会の人数上限は屋内80人、屋外300人を維持いたしますが、バーやカラオケ、ナイトクラブ、サウナなどの営業再開は見合わせることとなりました。
この延長期間中、プールは予約制、実聯制、施設内でのマスク着用の条件付きで開放いたしますが、シャワー室やサウナなどは引き続き閉鎖されます。
以上、ご注意ください。